予防歯科,虫歯,歯周病,入れ歯,インプラント,ホワイトニング,矯正歯科,小児歯科,いびき,口臭,etc...愛媛県愛南町の "たかはし歯科"

マタニティ歯科

妊娠前ならまず悪いところは治そう!

マタニティ歯科 「私,昔は歯が良かったんだけど,子供たちにカルシウムとられて今は歯がボロボロなんよ。」なんて言葉を聞いたことがありませんか?でも,色々調べてみると歯のカルシウムは,妊娠によってとられたりしないものなのです。では,どうしてこんな話が多く出るのでしょう?

妊婦・出産・育児は忙しい!

妊娠→出産→育児はとても忙しいですね。で自分のことは後回しした結果,悪くなった歯を放置してしまい,悪化につながるようです。「もうちょっとしたら・・・」と何年も放置すると,その代償も大きくなります。

妊娠期に歯を悪くしないために,何ができるか?

理想的には,妊娠する可能性が高くなる前に治療が無い状態にしておくことです。そして,歯のメインテナンスをうけることです。これは妊娠期でも全然平気で受けられます。

早産(低体重時出産)の予防効果!

歯のメインテナンスは,低体重時出産を予防する効果があります。今,いろんな研究の中で歯周病細菌が多い人は,早産の確立が高いことが言われています。そういった意味でも歯のメインテナンスを受けて,歯周病細菌を少なくすることが大切です。

妊娠中の治療

妊娠中の治療に関しては,基本的に安定期の妊娠4〜8ヶ月に治療を行います。他の時期でも可能ですができれば安定期に行います。ただし,この時期も神経質に考える必要はありません。痛み我慢するほうが,体に,胎児に悪影響を与えると思います。

実際の治療については

レントゲン
防護服を着用してレントゲンを撮影しますので,胎児に影響はありません。
麻酔
歯科用の麻酔薬は,麻酔をした周辺で分解されてしまうので,胎児への影響を心配する必要はほとんどありません。
抗生物質
細菌による腫れや痛みなど,どうしても抗生物質が必要な場合があります。その際には,胎児への影響が少ない抗生物質を選んで使用します。
鎮痛剤
鎮痛剤についてはなるべく使用しない方がいいのですが,痛みが強い場合その我慢するストレスが胎児に悪影響を与えます。比較的危険性の少ない鎮痛剤を選択して使用します。

子供の歯

ママのお腹の中にいるときから,歯は顎の中で作られ始めています。歯はとっても時間をかけて作られるものなのです。

授乳中の治療

授乳中は治療に使った薬や麻酔の母乳中への移行が心配になると思います。歯科で用いられる薬は常用量であればまず問題ありません。また、歯科の場合は,服用は短期間ですのでなおさら問題はありません。どうしても心配でしたら、薬を飲んでいるときだけ人工哺乳に切り替えるという手段があります。麻酔は注射したその場所で分解されてしまうため、母乳中への移行を心配する必要はありません。これもどうしても心配でしたら、麻酔をした日だけ人工哺乳に切り替えるという手段があります。

赤ちゃんの口の中に虫歯菌はいない!

生まれてきた赤ちゃんの口の中に虫歯菌はいません。いろんな調査によるとママの虫歯菌が移行するケースが全体の60〜70%だそうです。

ママから始まる虫歯対策のポイント

  • 自分(ママ)の口の中に虫歯菌がいるかどうか調べる
  • 自分の口の中の虫歯菌を減らすクリーニングを,歯科医院でうける
  • 100%キシリトールガムを1年間毎日噛む
  • 自分(ママ)の口の中にいれたものを子供に与えない

という所が基本的な虫歯対策のスタートになります。

虫歯ゼロキッズにするために

1歳くらいで歯が生えてきたら,歯科医院に行きましょう。そして

  1. 虫歯菌を調べましょう
    (虫歯菌がいる人といない人では,対策が全然違います。)
  2. 年齢に応じたフッ素の使用方法を知りましょう
    (フッ素を使うことが虫歯予防における世界の常識です。)
  3. 仕上げ磨きの練習をしましょう
    (どんな風にしたらいいか実演して見せます。)

といったところから入っていきます。楽しみながらやりましょう!

ページの上部へ

- - - - - - - ★ ★ ★ - - - - - - -

Information